Privacy Policy プライバシーポリシー

1. 個人情報について
Fruwe Japan(有)では、個人情報とは、「個人情報の保護に関する法律」に規定される生存する個人に関する情報であって、氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)であると認識しております。
2. 弊社が収集する情報の利用目的
弊社サービスをご利用されるお客様およびお取引先からお預かりした情報を、次のために利用しています。 (1)弊社サービスをご利用いただくにあたってのご契約、またはご連絡 (2)広告効果の測定・改善 (3)広告閲覧頻度の制御による利便性の向上 (4)不正行為の監視
3. ブラウザーに発行するユニーク
IDと、個人を識別できない情報の取得について 弊社の提供するサービスでは、ユーザーが閲覧するブラウザー毎に一意の文字列で構成されるID(以下、ユニークID)を発行しています。 また弊社サービスをご利用のサイトにおいて、そのサイトのお客様の行動履歴(お客様のサイトアクセス履歴、お客様が検索された検索キーワード、ご利用時間帯、ご利用の方法、IPアドレスなど)を取得することがあります。 このユニークIDと行動履歴はそれぞれの内容を特定できない形式の行動ターゲティング向けデータとして、ブラウザーまたは弊社のサーバーに蓄積されます。
4. 取得した情報の管理について
弊社は、収集した情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、不正なアクセス、改ざん、漏えい、滅失及び毀損から保護するため、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。 弊社サービスで取得する情報に対するセキュリティ管理には細心の注意を払います。 弊社サーバーに格納されるいかなるデータも、機密情報として扱われ、一般には利用できない様にしております。 弊社従業員の中でも業務遂行上必要な者しか情報にアクセスできないように制限を定めております。
5. 委託先の監督
弊社は、収集した情報の取扱いを委託する場合があります。その場合には、個人情報の預託に係わる基本契約等の必要な契約を締結し、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督をおこないます。
6. 第三者提供の制限
弊社は、次の場合を除き、原則として弊社の保有する個人情報を第三者に対して開示又は提供を行いません。 (1)本人の同意を得た場合 (2)法令に基づく場合 (3)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合 (4)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合 (5)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合 (6)利用目的の達成に必要な範囲で、個人情報の取り扱いを委託する場合
7.個人情報の開示、訂正等
個人情報の主体者たる本人から、弊社が保有する個人情報の開示、訂正等の請求があった場合、ご本人に対し、遅滞なく開示、訂正するよう努めてまいります。
8. 本ポリシーの継続的改善
弊社は、情報技術の発展や社会的要請の変化等を踏まえて、本ポリシーを適宜見直し、収集した情報の取り扱いについて、継続的な改善に努めて参ります。
9. お問い合わせ
弊社のプライバシーポリシーに関するお問い合わせは、下記までお願い致します。